fx 比較

りい子の日々のハマリもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芥川賞と直木賞が決定しました。

2009'07.16 (Thu)

第141回芥川賞と直木賞が決まりました
芥川賞は磯崎憲一郎さんの『終の住処』(ついのすみか)
直木賞は北村薫さんの『鷺と雪』です。

北村薫さんは6度目の候補であり、今回の受賞を大変喜ばれていました。
北村さんは私からみると、多くの作品を書かれているベテラン作家というイメージでした

磯崎憲一郎さんは大学卒業後、商社で働き、今も現役の商社マンだそうです。
1965年生の44歳だそうで、40歳から本格的に作品を書き始めた、とインタビューで答えられていました。
受賞の連絡を受けて、職場の仲間の方が盛り上っていたそうです^^
また、二人の娘さんもすっごく喜んでいたそうです♪
同じ職場に芥川賞作家がいたら、盛り上りますよね~。
自分のお父さんが芥川賞作家だったら、ほこりに思うし本当に嬉しいですよね~。

何より、40歳からトライする精神、そこに拍手をおくりたい気持ちになりました!

コメント

No title

小説のことはよくわかりませんが、
おめでとうございますですね~^^
年をいっても、自分のやりたいことがあれば達成できる!
何歳になっても 夢は実現できるってことですよね~^^
すごいですねb
尊敬します~^^

耳タレうさぎさま

→耳タレうさぎさん
ね~、本当にこの方の40歳からの夢への挑戦!というチャレンジ精神はすごいですよね~。尊敬です。
娘さんが喜ぶ気持ちがわかります^^v-206

No title

こんばんは!
40代商社マンで芥川賞作家とは、
かっこいいですよね^^

まだどちらも読んでないので、
暇な時にゆっくり読みたいです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トーヤさま

トーヤさん
そうですよね!
仕事もして40代から作家をめざす!かっこいいですよね!
私もまだどちらも読んでいないです。
まずは、ゆっくりと読書をして自分を磨かないと!と思っているワタシです。v-206

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

2014年もよろしくお願いします♪

こんにちは(ピンク時計)

いつもありがとう(^^)

おきてがみ

コメント感謝です(^^)

りい子 12月

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。