fx 比較

りい子の日々のハマリもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくを探しに

2009'09.29 (Tue)

昨日、本屋さんに行きました。本屋さんはけっこう好きで、よく立ち読みをします^^

二十歳位のころ(←だいぶ前です^^)お友達から、「ぼくを探しに」(シルヴァンスタイン作、倉橋由美子訳)という本をもらいました。(対象年齢は9歳~12歳だそうです)
昨日は、この本を見つけ、自分の家にあるにもかかわらず読んでしまいました。(数分で読めます)
丸い部分がちょっと欠けている「ぼく」がその欠けている部分にぴったりと合うかけらを探しに行くお話ですが、探している間は周りの風景を楽しんだり、香りを楽しんだりします。
しかし、ぴったりと合うかけらをみつけたとたん、スムーズに転がる事ができて、かわりにゆっくりと周りを楽しむことができなくなった、というお話です。
二十歳で読んだ時、そして何年かおきに読むたびに色々な感想を持ってしまうこの本です。
昨日もやっぱり、またあらたな感想を持ちました。
お時間のある方は、一度、立ち読みをしてみてください^^

コメント

私も本屋さんはよく行きます。
見ているだけで、ウキウキしてきます。

ねむり猫さん

v-22ねむり猫さん
こんにちは^^
そうそう、以前、ねむり猫さんに紹介していただいた貴志祐介著「天使の囀り」も気になっていました。
昨日はメモしていくのを忘れちゃったので、次回、本屋さんでチェック!してみますv-411

こんばんは♪

二十歳位のころ(←だいぶ前です^^)真似っこv-436本屋のはしごをしたものです。
今は本屋が大型店しかなくて、アマゾンで買ってます。
私は町の本屋さんが好きでしたv-410

本も年を経て読むと感じ方が変わりますね。

きっちゃん

v-22きっちゃん
こんにちは~♪
きっちゃんも二十歳のころ(^^)、本屋のはしごをしていましたか。
そうなんですよね~、どんな本も年を重ねると、読むたびに感じ方がだんだんと違ってきますよね。
成長しているって事ですねっv-411

たしかに、同じ本を読んでも
その時、その時で得られる事や気付きは違いますね。
少しずつ、成長している。と、いうことではないでしょうか?

今度、その本読んでみよっと^^

かずさん

v-22かずさん
こんにちは♪
やっぱり、少しずつ成長しているんですよね^^
「ぼくを探しに」、すぐ読める本なので、今度読んでみてくださいねv-411

「僕を探しに」だぁ~!!!!!!

りい子さーん!
この絵本!!!私も20歳ぐらいの時に
本屋さんで見つけて一目ぼれ?!で買ってから
愛読書になってます!!!
ホント、これは結構奥が深いんですよね(^_-)-☆
大人にこそ、必要な絵本かもデス♪
実家に置きっぱなしだから、取りに行って久しぶりに読んでみようカナ♪
このシリーズあと何冊かありますよね!
この作者さんの完成大好きデス♪

marippeさん

v-22marippeさん
わ~い!marippeさん、知っていたんですね♪
奥が深いですよね。他のシリーズも好きで買いましたよ^^
今、読むと、また違う感想を持つと思いますよ!v-411

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

2014年もよろしくお願いします♪

こんにちは(ピンク時計)

いつもありがとう(^^)

おきてがみ

コメント感謝です(^^)

りい子 12月

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。