fx 比較

りい子の日々のハマリもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「好きな童話・絵本は?」

2010'05.30 (Sun)

トラックバックテーマです。
昨年秋「ぼくを探しに」という絵本を紹介しましたが、やっぱりこの本が好きです。
シェル・シルヴァスタイン (著), 倉橋 由美子 (翻訳)
新装 ぼくを探しに新装 ぼくを探しに
(1979/04/12)
シェル・シルヴァスタイン

商品詳細を見る

丸い部分がちょっと欠けている「ぼく」がその欠けている部分にぴったり合うかけらを探す話ですが、探している間は周りの風景を楽しんだり、香りを楽しんだりします。
しかし、ぴったりと合うかけらをみつけたとたん、スムーズに転がる事ができて、かわりにゆっくりと周りを楽しむことができなくなった、というお話です。
読むときの状況によってこの「かけら」が色んなものに思えます。
パートナーであったり、夢であったり、自分自身であったり。


そしてもう一つ。 「おさるのジョージ」シリーズです。
おさるのジョージやきゅうじょうへいくおさるのジョージやきゅうじょうへいく
(2009/07)
M.レイH.A.レイ

商品詳細を見る

好奇心いっぱいのジョージは、黄色い帽子のおじさんと一緒に住んでいます。
身のまわりにあるもの、起こる事はなんでも知りたいんですね~。
お鍋でゆでて柔らかくなるものはなんだろうと思ったり、迷子になった時、元の場所に戻る方法を考えたりして、騒動を起こします。でもジョージはいつも楽しそう。
この本はシリーズになっていて色んなお話があります。
「おさるのジョージキャンプにいく」ではジョージが火でマシュマロを火であぶって食べるシーンがあります。
娘が小さい頃、お友達10数名とキャンプに行き、このマシュマロ火あぶりをやりました。アツアツで甘くて美味しかった~。おさるのジョージというと思い出します。

とにかくジョージがかわいいのです。
仲良しの黄色い帽子のおじさんとの関係も心があたたかくなるんですよね

のび太という生き方

2010'05.27 (Thu)

毎週「ドラえもん」を観ては、ときどき感動してウルっとしてしまうりい子☆です。
のび太
先日、テレビで「のび太という生き方」という本が紹介されていました。
この本を読んだ中学三年生の男の子の感想文が話題になっているそうですね~。
ドラえもんでダメキャラとして扱われている「のび太」に焦点を当て、「のび太は、じつは想像以上に人生を上手に歩んでいる」と解釈を述べているそうですよ。

《感想文を一部ご紹介します》
ダメなやつの代名詞であるのび太から人生について学んだことは癪ではあるが、僕以外にものび太から色々と学ぶべき人々は沢山いると思う。やがて勝ち組となるであろうのび太の生き方を見ていると、大らかに、前向きに、自分を見失うことなく、淡々と生きていく事が大切だと思うし、親や友だち、ひいては社会に受け入れられているという実感もとても大切なことだと思った。

 ↓   ここに全文載っていますのでお時間がある方はどうぞ^^
のび太という生き方

のび太は楽観的で失敗をおそれない、そして事態を深刻に受け止めず、何事もさらりと対応していくと書かれています。たしかにそうですよね。
そういえば、のび太くんって憧れのしずかちゃんと結婚するんですよね。
その点を見ても人生を上手に歩んでいるという感じですね^^

それにしても、この文章、中学三年生が書いたとはびっくりです。
中学三年生というと15歳位ですか?しっかりした文章を書きますね。
むずかしい漢字や言葉も使っていますねぇ。
15歳の頃、私は何をしていたかな。テニスにあけくれていたかな?

あともう一つ、私の知っているのび太くんの凄いところ。
どんなところでもすぐに眠れる、ということ。これ、大切ですよね^^
私も寝つきはいいですけどね。すぐにぐっすり眠れます(^^)

「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。「のび太」という生きかた―頑張らない。無理しない。
(2004/12)
横山 泰行

商品詳細を見る

今度、この本、本屋さんで立ち読みしてみようかな。

映画『アリス・イン・ワンダーランド』を観てきました

2010'05.13 (Thu)

「アリス・イン・ワンダーランド」を観ましたよ。
アリス
ルイス・キャロルの世界とは違う世界のアリスのお話です。
原作のアリスは7歳ですが、この映画のアリスは19歳。
子供が観て喜ぶ映画だと思います。実際、大喜びでした。
観にいく前に、娘は原作を読んでいましたが、原作のキャラクターが際立っているところがウケたようです。ちなみに「アリスは7歳なのに、もう社会科の勉強をしているんだぁ。」という感想を言っていました。

動物達の動きがとってもキュートでしたね~。
チェシャ猫の首がぐる~んとまわる様子がインパクトありましたよ。
私にはこのチェシャ猫がトトロの猫バスにみえてしまい、チェシャ猫が出てくるたびに心の中で「猫バス…」と言っていました。

3Dが良いか2Dが良いか、事前に調査し(りい子リサーチ 調査対象者:4名)、
2Dで観ることにしました(4人全員2Dを支持)。
私は3D酔いするので良かったんですよね~。

しかも今回は久しぶりに字幕版で観たんです。
最近は吹き替え版ばっかりだったので新鮮でした。これが嬉しかったかも^^
ジョニーデップの本当の声を久しぶりに聞くこともできました。
ジョニー・デップ

さて、詳しい内容について…私の文章力では、説明できません!
薄荷グリーンさん の記事を是非読んでくださいね♪
薄荷グリーンさん、いつもスミマセン)
まだ、アリスを観ていない人も、観た人もとっても楽しく読めますよ。
ちなみに私は、この映画をディズニーのファンタジー映画ととらえて、原作のアリスとは切り離して観ました。
ところどころ疑問に思うところがありましたが(……でも気にせず楽しみました^^)
薄荷グリーンさん の記事を読んで納得して、すっきりしました(^^)

日本人の知らない日本語

2010'04.15 (Thu)

友達に「日本人の知らない日本語」を借りて読みました。とにかく笑えました。
日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語
(2009/02/18)
蛇蔵&海野凪子

商品詳細を見る

これは外国人に日本語を教える日本人教師が実際にあった事を書いた本なんです。いくつかご紹介しましょう。

先生が「バツが悪い」の意味は?と質問をしたら「マルが良い」との答。

外国の教科書に紹介されている日本語の例は
「素敵なお召し物ですね」
「いえ、こんなのはぼろでございます」だそうです^^

先生の「人を数えるときの単位は?」の質問には「匹」という答え。
理由は「男一匹」と辞書に載っていたからとのこと。

スウェーデン人女性が日本に留学する時、まわりの人に
「武士に斬られたらどうするの?」と心配されたので
「武士には魂があって一般人に手を出さないのよ。」と答えたそうです。

学校から帰る時に敬語の得意なジャックさんが
「次、おめもじかなう日を楽しみにしております。先生もおつかれの出ませんように。」と毎日挨拶をするそうですよ。

学生が母国に持って帰りたいもの。
食品サンプル狛犬百円均一の店ウォシュレット洗濯ネット

面白くてあっという間に読んでしまいました。
炊飯器のスイッチを押して炊き上がるまでには読み終えるという感じ。
可笑しくて声を出して笑ってしまうので読む場所には注意が必要です。

アリス イン ワンダーランド!

2010'04.14 (Wed)

アリスインワンダーランド

4月17日から、ディズニー映画「アリスインワンダーランド」がはじまります。
観にいくことをずっと楽しみにしていますが、今日は、映画のお話ではないのです。

アリスというと思い出す話があります。
娘が幼稚園の時、母達でアリスインワンダーランドの英語劇をする事になりました。
英語をペラペラペラペ~ラペラペラと流暢に話せるママがすぐにアリスに決定!!
他の母たちは横一列にうつむいて並び、その並んだ順番に役が決まっていきます。

ねずみ、あひる、タカ……そして私はなんと「オウム」の役!
みんな自分たちの役の動きを考えて、舞台の上で表現をするんですよ!
私のセリフは3~4個。すべて英語です。英語は何度もCDをきいて真似ができるようになりましたが(オウムはしゃがれ声なのでしゃがれ声の英語!)、さてオウムの動きってどうするのでしょう?という感じ。

何となく手をパタパタと動かして鳥っぽい動きをしましたけどね^^
恥ずかしかったけど、忘れられない思い出です。
でも子供って凄いですね。みんな自分のお母さんの担当の英語をペラペラと話せるようになりました。…うちの子はしゃがれ声の英語を話していましたが^^

そういえば先日、ディズニーランドに行った時、娘が「ジョニーデップみたいな人がいる~」といきなり言ったのです。
さすがに超混んでいるディズニーランドに彼が来ているとは思いませんでしたが、思わず探してしまいましたよ。
ジョニーデップ
たしかに、こんな帽子をかぶっているジョニーデップな人が何人かいましたけどね。
映画、楽しみです。でも3D酔いしちゃうかなぁ。

«  | HOME |  »

2014年もよろしくお願いします♪

こんにちは(ピンク時計)

いつもありがとう(^^)

おきてがみ

コメント感謝です(^^)

りい子 12月

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。